北九州ブログ

遠賀川・北九州野池・バス釣りに初心者でも釣れる最適なポイントをGoogleマップ・写真などを使いスポット的に紹介!+ブログ

スピナーベイトの使い方は、季節で巻き方を変えると釣果が変わる!

      2017/02/19

11

 

スピナーベイトでまだ釣った事のない人やまだ使った事がない人に、
使い方や季節ごとの巻き方などなど、解説していきます。

スポンサーリンク

スピナーベイトの結び方

まずスピナーベイトやクランク・バイブレーションなどなどありますが、
ルアー直接ラインを結ばなくて済むようにスナップを使用しましょう。

1

スナップを使用すればルアーの付け替えがワンタッチで出来るのでおすすめです。

スピナーベイトにスナップを使用する時の注意

スピナーベイトにスナップだけ付けてキャスティングしていたらスナップがずれてしまい、
ちゃんとスピナーベイトが泳いでくれない、ラインがスピナーベイトにお祭り騒ぎ、

みたいな事が多発してストレスとなるので、
オーリングを使用しましょう。

 

春のスピナーベイトの使い方

春はスポー二ング時期です。ブラックバスは、
深い所から浅い所に移動してきます。

沖から岸に巻く

浅い場所を狙って岸際ばかりをキャストするんじゃくて春は、
沖にキャストしてから岸際にスピーナベイトを引いて下さい。2

引くレンジと巻くスピードを微調整してみて下さい。

ブラックバスを怒らせる釣り方

このスポー二ング時期にもっとも有効になってくる釣り方は、

バスを怒らせる!これこそが釣れるか釣れないかの違いです。

産卵中はバスは外敵から巣をまもる為、

巣の周りをうろちょろしています。

 

その事をよく考えて巻くレンジという事がもっとも重要になってきます。

永遠と表層でスピナーベイトを巻いても釣れない!

 

ボトム付近でバスの目の前を、このキラキラ・ブルブルの

スピナーベイトが通るとバスは外敵が来た!と思い

攻撃してきます。これがスポー二ング時期のもっとも有効な

スピナーベイトの使い方と言えるでしょう!

春はバスの目の前をアピール力のルアーを通す!

 

秋の巻き方

秋は沖を中心に巻きまくる

秋は春と違い岸はあまり狙わず、沖を中心に巻く。
沖の方でスピナーベイトが見える位置で巻いてみたり、
底に当てながら巻いてみると釣れる確率がかなり変わるはずです。

おすすめのスピナーベイト

今話題のスピナーベイト

 

 - スピナーベイト, 役立つテクニック