ラバージグのトレーラーおすすめの釣れる選び方

ラバージグ

今回はラバージグのトレーラーのおすすめの選び方を紹介します。

さっきまで釣れていたトレーラーがポイントを変えるとまったく、

釣れない時などがあると思いますが、それには釣れない理由があります!

その理由とは、消波ブロック(テトラ)・ブッシュ・杭など、

場所に適したトレーラーがあります。

ひとつひとつ説明していきます!

ラバージグの基本的な使い方はこちらの記事です。

リーズや冠水ブッシュでおすすめトレーラー

リーズ(アシ原)やブッシュ(水中や岸辺にある藪)

1

バスフィッシングにおける王道、カバーはやっぱり見逃せない場所です。

ナチュラルバンクはザリガニ天国です。ザリガニをイメージしたトレーラーを使いましょう。

ドライブクロー(OSP)

着底直後にはボディーに対してハサミとヒゲが遅れてスローに倒れ込む時間差アクションが発生してバスを魅了し、その後の様々なパターンの誘いでもパーツのどこかが常にバスを誘い生命感を失うことはない。まるで生きているかのような蠢き(うごめき)と疑いなき強烈なバイトを体感してほしい。

シザーコム(ジャッカル)

カバーにすり抜けのいいコンパクト設計なのでドライブクローがはいらないカバーの奥の奥を攻めるのに適したトレ-ラーです。

 

杭でおすすめトレーラー

1

杭を攻略する1番のポイントは、フォールスピードです。

まずシルエットを大きくしてフォールスピードをゆっくりにする場合、
これは完璧にバスの食性でバイトさせます。

バスはエビを捕食する時、必ずフォール中の無防備なエビに襲い掛かります。

逆にシルエットを小さくしてスピードを速める理由は、食い気のないバスに
リアクションで口を使わせる効果がある為です。

まったく反応がない時はこれが有効になってきます。

パインシュリンプ(ジャッカル)

 

先端のカーリーテール状の爪はフォール中に存在感のある動きを演出し、二の腕部分のパドルと連動して動くことで、一つの腕で二つの複合アクションを発生。また、腕の付け根が細く設計されたことにより、シェイクすると腕を大きくアクションする為、フットボールジグなどにセットしても腕の振りを最大限に活かしたアクションを実現。

 

消波ブロック(テトラ)でおすすめトレーラー

テトラは手長エビ天国です。テトラは手長エビ系やスイミング系を使いましょう!

2

テトラでの基本的な釣り方はリフト&フォール。

テトラに引っ掛けてステイさせ、反応がなかったらそれを外して

カーブフォールさせるという釣り方がメインとなります。

特にテトラから外した瞬間にバイトが多発するので、根掛かりを恐れずにタイトに攻めましょう。

ドライブシュリンプ(OSP)

水中を漂いながら水を掻くエビそのもの。また、逆手にはフォールスピードにブレーキをかける効果もあり、ボディを細かく震わせながらのスローフォールがフォール中のバイトを激増させる。着底後は、低比重マテリアルによって、ステイを交えたスローな誘いにおいてもナチュラルな水平姿勢をキープ。あらゆる誘いにおいてもパーツ同士が干渉することなく、弱々しくも生命感溢れる動きでバイトを誘発する。本物のエビ以上にエビと化し、スレバスが呆気なく口を開く、反則的感覚を味わっていただきたい。

 

アンモナイトシャッド(ジャッカル)

『神のアクションを生み出す』と言わしめた「アンモナイトシャッド」のダウンサイズバージョン。オリジナルの5.5inではボリュームがありすぎると感じるシチュエーションやベイトフィッシュが小ぶりな場面で活躍必至です。

まとめ

トレーラーは場所適した物で使ってみてくだい。必ず釣果がよくなります。

 

コメント